中古マンションにしてよかった

別荘買うなら沖縄那覇の中古物件をリフォームしたい

私は別荘を買うとするなら、沖縄の那覇に中古の誰も住まなくなって身売り物件になってる一軒家を買いたいです。

 

ただ、中古物件にそのままの形だ住むのではなく、リフォームして家の外構や室内、風呂などを自分の思いのままにカスタマイズしていきたいですね。

 

新築の注文住宅となると、土地を買うところからのスタートとなったりそれなりの値段がかかるし、
それに比べて中古のリフォームだとある程度の費用は抑えられるはずです。

 

それに一度ボロボロになった家をリフォームして、自分の理想の形にしていく事に対しての楽しみも大きいですね。

 

なぜ、沖縄に別荘を買いたいかというと、沖縄は新婚旅行でも訪れた場所でもあり、
一年中温暖で「なんくるないさ〜」の言葉に代表されるようなユルい雰囲気に魅力を感じるからです。

 

ちなみに、現時点での理想の別荘の形は、沖縄という事で玄関の外にシーサーを作り、
外構えはコンクリートと人工芝をうまく融合させて人工芝にバーベキューもできるスペースを確保したいですね。

 

で、屋根は沖縄を彷彿とさせる赤レンガにして外観全体が現代寄りの古民家風な感じになれればなと思っています。

 

室内はリビングを広めにとり、リビングはフローリングでも構いませんが、
ところどころに和室もうまく融合させ、沖縄の古民家風らしさが出ればなと思っています。

 

那覇が良いのは、那覇が沖縄の中心であり生活面でもより便利であるだろうと思うので、
那覇に住むのが理想です。できれば首里城と国際通りの間をとったあたりに住むのが理想ですね。

 

ちなみに沖縄に別荘を買ってからの理想の生活スタイルは、春から秋にかけての比較的温暖な時期は基本的に地元岡山で過ごし、
冬から春にかけての岡山では寒い時期をこの沖縄の別荘でっていうのが理想の生活スタイルです。

 

ただ、沖縄の夏を満喫したいなとも思っているのだ、お盆前後の数日間も沖縄で過ごせたらなと思っています。

 

ただ、今はまだ正社員として働いているしそこまでの貯金もないので、正社員として頑張って働いて貯金をつくり、
定年後などにそんなセカンドライフが送れるように頑張っていきたいです。